2019-06-08

ミクストメディア/エッチング、コラージュ、ミクストメディアペインティング 林孝彦 D-6.Feb.2011Emittings 徐々に外へ
作家名林孝彦
作品名D-6.Feb.2011Emittings 徐々に外へ
種類ミクストメディア/エッチング、コラージュ、ミクストメディアペインティング
作品サイズ300×220mm
フレームサイズ590×440mm
フレーム仕様木製額
作品価格\54,000
フレーム価格\16,000
納期約10〜14日
送料無料
代引手数料無料
※フレーム色見本の写真からご希望の色をお選びください
※当商品のフレームは専門の額縁職人が作品に合わせて一点ずつ手作りで製作する木製の高品質フレームです。


林孝彦
1961 岐阜県生まれ
1985 武蔵野美術大学油絵科卒業
1987 東京芸術大学大学院美術専攻科修了
銅版画の他にドローイングなども制作。氏の銅版画は精巧な技術に裏付けられた力強くスピード感のある曲線とフォルムそして深みのある色づかいが特徴です。国内だけでなくアメリカ、ドイツなどでも精力的に展覧会活動を続けています。
【私の作品】
私の作品は抽象で、ある意味、譜面のようなものです。右も左も上も下もない○、初めがあって終わりのないうずまき、坦々と繰り返されるハッチングなどが、その奏でられる要素です。それらはいくつかの楽章に分けられたりしながら、旋律は変化していきます。音色を決めるのは、支持体となるそれ自体が歴史や文化的背景を持った多彩な和紙たちです。
たわいない日常の中で、通り過ぎる風のように、発見した旋律をそうしたものたちで描いてみたいと思うのです。 自分らしさは、特質奇抜にすることで得られるものではなく、たわいのない日常を貫くものだと思うのです。
正義を描けば、それを際立たせる邪悪さを何者かにお仕着せねばなりません。私は、そのような世界観で語りたくはないのです。(林孝彦)
絵画 版画(銅版画・リトグラフ・木版画・シルクスクリーン版画) レリーフ オブジェ 書など、現代アートの専門サイト